×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

営業時間
12:00~19:00
HOME»  ブログ記事一覧»  リメイク・オーダーのお話»  思い出の品は形を変えて。

思い出の品は形を変えて。

思い出の品は形を変えて。

「若いころは使っていたけど、今は使いにくくて使わないから」

「ずいぶん傷んでしまって、今は使っていないから」

「もう使えないのはわかっているけど、捨てられない事情があるから」

等々、リメイクには様々な事情がございます。


今回のお客様のリメイクご希望のお品物はこちらの小さなポーチです。


『クリーニング店で生地が傷んでしまった』とのこと。

クリーニングに出しても使いたい大切なポーチということですね。

なんでも、新婚旅行でご主人様からプレゼントされた思い入れのあるポーチなんだそう!

ずっとずっと大切にされているお客様のお気持ちを思うと

なんとか綺麗にリメイク出来たら・・・とスタッフにも気合が入ります。


ポーチなので、使える素材の面積には限りがあります。

色々制約がある中、何度かお打ち合わせを重ねる中で

リボンクラッチ2WAYポシェット https://www.primaverashop8.com/item/rc-040/

こういう小さめバッグにリメイクしようという流れになりました。


ただ、『リボンではない、大人っぽいデザイン』がご希望とのことでした。


ポーチの素材に合いそうな素材を何点かご提案させていただき

お客様に選んでいただいたのはブルーメタリック。


いろいろな条件を踏まえて、デザイナー広里が生み出したリメイクがコチラ!




見事、ポーチの素材を最大限生かしつつ

大人っぽいすっきりとしたクラッチ2WAYポシェットと生まれ変わったのでした^^

ショルダーストラップを外し、ポーチの素材でお創りしたベルトの下に手を通せば

クラッチバッグとしてもお使いいただけます。


お客様からも、「思った通りの大人デザインでした!これから使うのが楽しみです。」とわざわざご連絡いただきました。

さらには、来年はお嬢様の卒園、小学校入学が控えていらっしゃるそうで、

そのシーンでもおつかいいただく予定とのこと。

『こういった思い出が、いっぱいつまったバックになると思うので親子二代で使いたいなーと思ってます。』

リメイク担当スタッフ、感激でした(T_T)


リメイクには1つ1つ、いろいろなストーリーがございます。

プリマベラのスタッフ一同、できる限りお客様の思いに寄り添っていけたらと、改めて思うのでした^^

2020-07-14 13:26:15

リメイク・オーダーのお話   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント